株主アンケートQUETIONNAIRE

株主アンケートサービス

株主アンケートで次の効果的なIRの一手を

昨今、コーポレートガバナンスコードが導入され、株主との建設的な対話が求められており、株主通信を充実させたり、株主懇談会を開いて株主とのコミュニケーションを図るなど、個人株主を重視する企業も増えております。
その反面、個人株主がどのような情報提供やIRを望んでいるのかが分からないために、効果的なIRになっていないケースが数多く見られます。

SRSはこれまで、株主優待サービスを通じて株主満足度の向上と、そのための企業と個人株主の対話を提供してきました。その中で株主を知ることの重要性を認識し、次の効果的なIRを導き出すための一手として、株主アンケートサービスをご提案いたします。

IR担当者の課題

アンケート後のフィードバック

株価や業績、将来予想が不安定な今こそ、個人株主は企業に対して不安を解消してくれるようなIRを求めています。
今どんなIRが必要なのか、株主は何を求めているのか、まずはアンケートを通じて株主の声を聞くことが全ての始まりではないか…SRSはそのように考えます。

サービスの特徴

SRSの株主アンケートサービスでは、株主の属性分析も加えた総合的な株主分析資料を作成・ご提供しております。

これらのデータ・結果をクロスして分析することで、
より細かな分析が可能になります。

例えば、ある企業で現在50代から60代の株主の割合が多く、今まではそういった層を中心にIRを行ってきたが、
将来のことを考え、40代の若い層に長期で保有してもらいたいと考えた場合

40代で保有期間3年未満の株主が、どういったIRを望んでいるのかを調査し、それに応えるIRを行うことで、
長期保有に結びつけることができます。

クロス集計・分析を行えば、上記のようにカテゴリーごとに必要なデータを抜き出し、その層に該当する株主の意向を確認することができます。 自社のIR方針(例えば長期保有者を増やしたい、など)に最も適したIRが何か、最も効果的なIRは何かが分かり、課題がより浮き彫りになります。

サービス内容

アンケート内容の設計から、発送・集計・分析・お礼品手配まで、今まで培ったノウハウを元に一貫したサービスをご提供します。 煩雑な集計・分析作業は全てSRSで行いますので、IR担当者の方は次のIRをどうするか検討することに集中できます。

株主アンケート実施フロー

※無記名アンケートにも対応しております。
※インターネットによるアンケートも同時に実施することができます。

STEP.1 調査票の設計

IR戦略や株主対策などの目的に応じた設問の設計を行います。

設計分析項目の例

  • 性別・年齢・居住エリアなどの基本的属性
  • 投資行動
  • 株式購入経緯
  • IRチャネルの利用実態・評価
  • 各事業または製品・サービスの認知度および評価 など…

STEP.2 調査の実施

郵送調査を行います。Webによるアンケートも併用することができます。
アンケート調査票や案内状、返信用ハガキなどの送付物一式の印刷、封入、発送を行います。
回収された返信用ハガキについて、電子データ化を行います。
謝礼についての関連作業(手配・郵送など)を代行します。

※事業報告書などの郵送の際に同封することも可能です。


STEP.3 集計・分析

アンケートの設問について単純集計を行います。
属性別など、主要な軸でクロス集計を実施します。
複数回にわたるアンケートを実施していただいた場合、経年で比較をすることもできます。

よくあるご質問

.1アンケートのお礼品をご提案いただくことはできますか?

ご希望に合わせたお礼品をご提案いたします。ご自由にご選択ください。

.2株主優待サービスのアンケートとは異なるサービスですか?

株主優待のお申し込みと同時に取得するアンケートとは異なり、本サービスは株主アンケート単体のサービスです。 株主優待サービスのアンケートでは、90%を超える高回答率を得ることもできます。 詳しくは、株主優待サービスのページをご覧ください。

.3サービスの利用料金は?

ご希望要件により異なります。別途、お問い合わせフォームよりお問い合わせください。

お問い合わせ

商品・サービスなどについてのお問い合わせ、お客様の声をお待ちしております。

txt_contact01txt_contact02
お問い合わせフォーム
トップへ戻る